top of page

香は心の鏡



聞香百人一首は毎回

今日はなんの歌に出逢うか

改めて何を知るか何を聞くかが

ほんとうに楽しくて


歌人にしても

和歌にしても


「子どもの頃全然知らなかった

えっ、そんな歌だったの ってことが多い」


「香りで(和歌を)入れると改めて

忘れられない歌になっていきますよね。。」


などとご参加の方々と語らっています。   なので  全く和歌を知らないでお越しいただいても その場で心に入れて自分なりに

歌を読み わずかでも資料を読み

学んでいただく時間があるので大丈夫です☆






今回はお師匠こと香道研究家・故伊達晟聴師 をお見送りして一周忌の週末

奥さまも久々にお迎えしてのお席でした。



ご本名を佐々木渉と仰ったのですが

今回の日の一首 は


 かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞふけにける

    中納言家持(大伴家持  おおとものやかもち)


さ さ き わ た る が絶妙に詠みこまれていて 家持もびっくりでしょう☆と嬉しく思うところ

評論家の方によっては この歌は家持の歌風ではなく疑わしい 的な向きもあり

学術とお遊びは違うな~ と 無邪気に思ったりします。苦笑





現代は世界中疲れているので

香りといえば自分を癒すためのもの

という印象が先に来るかもしれませんが

(それでもちろんいいのですが)

香りは本来古今東西神仏とか

見えない存在 尊い存在 ゆかしい存在に手向けるもので


さらに香道でいえば

毎回香木がどんな風に香るかは

まったくわからないという


まして千三百年前の家持や 平安貴族だけでなく まだまだご一緒したかった師匠も しのんで香に聞く そのことを 「心は生き続ける・・・」と 薫さんがしみじみされておられましたが


香りの向こうに なにがしかの気配を感じることで 自分の心を鏡に見ている 香りの向こうに

相手も自分も ひとつの心として 語り出している


そんな瞬間が訪れます それがほんとうにかけがえのない

やさしい時間だと思うので


聞香はやめられないのです 感謝合掌



閲覧数:8回0件のコメント

Komentáře


bottom of page